宇都宮黙霖生誕二百年記念PROJECT

 力で人々を支配する覇道ではなく仁の心ですべての人が等しく大切にされる王道の世の中をつくる

そんな夢をみた幕末の志士たちの中にその漢 宇都宮黙霖がいた

 黙霖は21歳で病に倒れ、聴覚を失いながらも、血書で天に誓いをたてる。

「一生で叶わなければ、どんな世であれ 何度でも うまれかわって かならず大義を実現してみせる」

そして黙霖や吉田松陰をはじめ多くの志士の活躍で、やがて新しい時代が幕をあけた。

二百年の時を経て、その漢がもし生まれ変わっていたとしたら  なにを思い なにをするだろう

ひとはみな 天が下にぞ生まれ来て  眞(まこと)の道に心をぞ生(なす)   黙霖

PROJECTの目的

  不遇なおいたちや青年期に失聴するなどの苦難を乗り越え、明治維新に貢献した郷土の偉人「宇都宮黙霖」が2024年に生誕二百年を迎える。これを機に「宇都宮黙霖」の胸像を設置するとともに、生誕二百年に係るイベント等、関連事業を企画・実施する。このことを通して、郷土の偉人「宇都宮黙霖」のことをより多くの方に知ってもらうとともに、教育の大切さと、どんな困難にあっても志をもって生きていくことの大切さを多くの人に発信する。

皆様へのお願い

寄付などの申し出は2023年8月末で終了し、無事除幕式も終えました。そして二百年記念公募事業の受付を10月29日より開始しています。また、二百年事業として黙霖の自筆の書などの資料の収集・研究・保存活動に役立つ情報・人材も募集しています。とりわけ、現在不明となっている黙霖が吉田松陰へ送った最後の書簡の行方を知る方を探しています。

また黙霖のことを小中学生でも学べる書籍の販売の取り扱いや石泉文庫のデジタルデータを研究用に限定しての提供も開始しています。詳しくは事務局(若本 090-6416-2732) またはメール[mokurin200@gmail.com] でお問い合わせください。


PROJECT1   宇都宮黙霖の胸像設置

除幕式
日時  2023年10月29日(日)10時〜
場所  住蓮寺境内

呉市長をはじめ約120名の参加を得て盛会のうちに除幕式を終えることができました。ありがとうございました。

PROJECT2  宇都宮黙霖生誕二百年記念事業(只今募集中!)

宇都宮默霖生誕200年を迎えるに当たり、その偉業を多くの人に知って頂くため、それに係る関連活動やイベント企画を公募しています。応募してみようと思う人は詳細はこちらの実施要項をご覧の上、まずはメール等で気軽にご相談ください。(連絡先 事務局 090-6416-2732)     様式WORD版が必要な方もメールでご相談いただければ送ります。

募集時期

2023年10月29日〜2024年2月29